活動

ご報告:千葉⼤学病院 寄附研究部⾨ 「次世代医療構想センター」を8⽉1⽇に設置

2019.07.30

千葉⼤学病院(病院⻑ ⼭本修⼀ 千葉市中央区亥⿐1-8-1)は千葉県から寄附講座等の設置依頼を受け、8⽉1⽇に寄附研究部⾨「次世代医療構想センター」を開設し、県内における持続可能で質の⾼い医療提供の実現を⽬指します。

⽇本では、2025年に国⺠の4⼈に1⼈が75歳以上という超⾼齢社会に突⼊すると⾔われており、医療・介護・福祉サービスの整備が急務です。特に、千葉県における都道府県別にみた⼈⼝10万対医師数(2016年度)は、全国平均240.1⼈に対し189.9⼈と、埼⽟県、茨城県に次いで3番⽬に少なく、保健医療圏によって医師の偏在もみられる状況です。

こうした課題の解決に向けて、当院では、千葉県より要請を受けて、2025年以降の地域医療需要を⾒据えて、次世代の医療のあり⽅について研究に取り組みます。

<プレスリリース>

https://www.ho.chiba-u.ac.jp/dl/clinical/info/info190730_02.pdf